アップルとグーグル


080912_Apple-Google.jpg

ネット革命の覇者「アップル」と「グーグル」の共通点、異なる点、日本に与える影響について書かれた書籍。

アップル、グーグルは演繹法で事業を考える、「あそこに行こう」という方向感覚を持っているリーダーに率いられている。対して多くの企業(特に日本の)は、帰納法で事業を考える、現時点の情報や事実の積み上げで結論にたどり着こうとする傾向がある。今こっちに向いているからとりあえずこっちに行こうというリーダに率いられている。

アップル、グーグルの開発の姿勢や、エピソードを、著者のうまい比喩表現で楽しめる本でした。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*