ルーズリングの表紙作りに、1穴パンチ


091127_1punch.jpg

ルーズリングで無印ダブルリングノート軽量化で、表紙もドット方眼も入手できたのですが、A5のルーズリーフを入れようと思ったら、何か変。

穴数が違いました。A5ルーズリーフは20穴、無印のノートは21穴、最近のペンが挿せる無印リングノートは19穴と微妙なまでに違っているのでした。せっかくドット方眼の用紙がなくなったらルーズリーフに入れようと思っていたのだけど20穴の表紙カバーを調達しなければならずでした。 ゲージパンチで穴をあける分には21穴もあけられるので問題ないのだけど。

使い終わったRHODIAのリバースノートの表紙をA5サイズに切るとイイ感じそうなので、トライしたのですが20穴一発であけるパンチでは硬くてあきませんでした。そんな折、100均で1穴パンチを発見、Get。1穴ずつならあくかな?






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*