B6サイズに手を出してみた。

B6サイズのノートカバーと、B6サイズのツイストノート(2種)、B6サイズの無印のダブルリングノートをGetしてきました。

現在、A5サイズのルーズリングノートに自作の週間リフィルと無地ノート、バイブルサイズのシステム手帳の2冊使い。A5サイズがメインいなのですが、ペンホルダーと名刺を入れておく場所がないので、お客様と会う時にはバイブル、机の上ではA5サイズノート。こちらは机の上に置きっぱなし、鞄に入れて持ち歩くのはバイブル。1冊にしたいなぁ〜と思い始めて、サイズは間をとってB6か、A5スリムで、あれこれ物色していたのですが…

こちらの、コレクトのノートカバーを見つけて、B6サイズにしました。お店にはA5サイズと黒以外の色しかなかったので、Amazonでポチりました。(お店で買うよりは少し安かった。)

皮の質感ですが、合皮です。合皮の方が薄いし軽いので、私は好みです。

開くと、左に名刺ホルダーと栞、右にペンホルダーがあります。

ツイストノートの小さいリングの方を入れてみました。

カバーには少し余裕があります。

ツイストリングの大きい方だと、閉じることができません。

ツイストリングノートの存在は知っていたのですが、穴のピッチがルーズリーフと異なるので、ルーズリングを使っていたのですが、ツイストリングのピッチは、1/3インチピッチで、ダブルリングノートのピッチと同じなんですね。ので、ダブルリングノートのリングを外してツイストリングに交換すれば、抜き差しのできるリングノートになります。リングを外す専用の、リングノート用リムーバーも売られています。

B6サイズでバインダーノートを作ろうとすると、これが唯一の選択肢のようです。(2017.6.15 私調べ)

B6サイズのリフィルは、横罫と方眼しかないので、自作リフィルを印刷する無地の用紙は、無印良品のダブルリングノートをバラして使うことにしました。

バイブルサイズのシステム手帳と比べてみると、幅は少し大きくなって…

ノートスペースは、格段に広くなしました。

コレクト ノートカバー本革調(合成皮革製) B6判

リヒトラブ ツイストリングノート B6

リヒトラブ リングノート用リムーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*