自作ノート「ルーズリング」の表紙をキャンパスノートにしてみた。

仕事で使っているノートはA5のルーズリーフ。バインダーではなく、ルーズリングを使ってリングノートライクにつかっています。ゴツくないし、折り返せるので、狭い打ち合わせスペースや、膝の上でも使えるので…

カールのルーズリングは、表紙を自分で用意する必要があるので、以前は、カラーボートをカットしてパンチで穴をあけて自作していました。長年使ってかなり汚れてきたので…

コクヨのキャンパスバインダー「スマートリング」を使うことにしました。そのまま使うことも可能ですが、スマートリングは用紙サイズに対して、リングを開くカラクリ分、綴じ具が上に長くなっているので、表紙が変形していて、一部が少し上に長い形状になっています。ルーズリングでは不要なので、飛び出た部分をカットしました。

スマートリングとルーズリングの綴じ具の比較。ルーズリングの方が薄いので折り返したときの膨らみが小さくなります。

半透明の表紙になったので、1ページ目のカレンダーが透けて見えるようになりました。

カール事務器 ルーズリング

コクヨ キャンパス バインダー スマートリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*