テオ・ヤンセン展 〜生命の創造〜

以前、テオ・ヤンセンが生み出した生命体、ビーチアニマルの不思議な動きをテレビで見て、すげぇ〜と思っていたのですが、日本科学未来館で特別展示を行っていることを知り、子どもを連れて見に行ってきました。

テオ・ヤンセンは、オランダ人で大学では物理学を学び、画家に転身した経歴の持ち主。メカニカルな機構学をアートにして、風力によって生命感を与えるとても魅力的な作品を作っています。

こちらは1時間毎デモンストレーションが行われるビーチアニマル。風の代わりに係員が帆を動かして風をペットボトルに溜め込み、その後ペットボトルの圧力を使って歩行を行います。

風を受けながら歩くだけかと思っていたのですが、ペットボトルに圧力を溜め込んで動くとは驚きでした。係員の解説では、「この子はお行儀が良いので、風を食べながら歩くことはしません。」とのこと。

ビーチアニマルの製作過程の様子の展示もされていて、こちらは懐かしい、ATARIのコンピューター。

子どももビーチアニマルの不思議な動きに興味津々でした。

テオヤンセン展 | 展示概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*