αにマクロレンズ装着


100521_MacroLens.jpg

小物の撮影に使えるレンズを物色は、やっぱりマクロから?昆虫のどアップや、花の雄しべ雌しべまでは不要だけど、最短撮影距離が短く、欲しサイズまで寄れるし、短焦点でレンズも明るいし…

とりあえずαのレンズから調べてみると、DT 30mm F2.8 Macro SAM SAL30M28、が2万円程度でリーズナブル。フィルムのフルサイズ用レンズでなければ、それなりにレンズはリーズナブルなことを再認識。

マクロ、短焦点ってどんな感じだろうとツブやいていたいら、50mm F2.8 Macro SAL50M28をお持ちの方から借していただけることになりました。

↑装着の図。いつものデカいズームレンズに見慣れているので、レンズが小さいとαのボディが大きく見える。ちなみにこちらは、R10での撮影。


100521_MacroLens+1.jpg

↑早速、おためし撮影。最短撮影距離20cm、欲しい画の距離まで寄っても寄っても、合焦。

上の画は、f/2.8mm で撮影したもの。本当に焦点深度が浅いんですね、1cm前後はボケボケになります。


100521_MacroLens+1.jpg

↑f/6.3mmまで絞った画がこちら、R10を斜めに置いていますが、カメラ全体に合焦しています。キレイに写っているなぁR10。


100521_MacroLens+1.jpg

↑コンパクトデジカメと一眼デジカメの比較に、Macのキーボードを撮影。f/2.8mmで、「X」に合焦。周囲はきっちりボケ味がでています。本ト欲しい画がピンポイントの時しか使えないですね。


100521_MacroLens+1.jpg

↑R10で撮影した画がこちら。f/3.6mm 焦点距離5.7mm。当たり前ですが、口径の大きなレンズとは違いますね。寄りすぎているので、キーボードにも若干の歪みが出てしまっています。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*