エスビットポケットストーブで、ミニマムセットつくり。

今日は朝から雨。外に行けないのでキャンプ道具イジリ。買ったまま放置されていたエスビットのポケットストーブを仕舞がてら、あれこれと。

以前から存在は存じていましたが、手を出すことがなかった、ド定番のエスビットポケットストーブ。今シーズンは子どもが受験生でお出かけの機会が少ないかわりに、YouTubeのビデオを見る機会が増加。そこでメスティンとポケットストーブの動画を上げているひとが多く、欲しくなり購入。

燃料入りで、¥1,500のコストパフォーマンス。この燃料は煤がでるそうなので、使う予定なし。燃料なしバージョンもあればいいのに。

メスティンの収まり具合がイイ感じ。100均の固形燃料1つで、放置プレー炊飯の動画が多くあげられていました。これなら、バーナーを1つ占領せずとも炊飯ができますね。吹きこぼれも気になりませんし。いいかも。子どもたちは、焼鳥缶をぶっ込んだ簡単炊き込みご飯が好物なので、作る機会が増えそうです。

メスティン動画を見ていて、ミニマムセットを作りたくなりました。自転車でちょっとでかけて、お昼を作って食べて帰ってくる、プチお出かけをしようかと。メスティンに、ポケットストーブと固形燃料2個、ヴィクトリノックスの大きいナイフ、オピネル、SOTOのガストーチが収まりました。それを、100均の保冷バック(蒸らしをこの中で行うと、冷めるのも少しは抑えられる)に、風防、バーナーパット、バーナーシートを入れて、あとは水とパスタとレトルトソースを持って行けば、パスタランチができそうです。

Esbit(エスビット) ポケットストーブ(固形燃料14g×6個付)