海外でのリスクヘッジに2つのお財布を

昨年出張先のケルンでスリの被害に遭い財布を失い大変な思いをしました。治安に不安のある場所への出張の予定もあり、その教訓を生かして財布を購入しました。

ケルンで失った財布は、国内で使っているものから出張中には絶対に使うことにないカードだけを抜いた状態でした。ので、日本円、現地通貨、クレジットカード、キャッシュカードもろとも失ってしまいました。

ので、出張中(海外旅行中)に使うものだけをメインの財布から移して入れておく財布を持とうと思ったのでした。どちらかのお財布が生き残ればリスクヘッジになるかと。

国内で使えるキャッシュカードだけでも生き残れば、帰国した後は現金を手にできるので自宅に帰るのに困ることもなくなります。

今回は、たまたまホテルのセーフティーボックスに、日本円をいくらかおいてあったので助かりました。

購入したのは、ポーターの CAPSULE WALLET。必要最低限のものが入ればよいのでコンパクトなものにしました。海外では貯まりがちな小銭入れが大きいのも選んだポイントでした。

被害に遭わないのが一番ですが、遭った時の被害を少なすする準備は必要ですね。


[ポーター] PORTER CAPSULE カプセル 二つ折り財布 555-06441

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*