バックリブの調理結果

とりあえず無題: コストコで、バックリブGet!のその後。

コストコでGetしたバックリブを調理しました。まずは骨側についている膜をキッチンペーパーでつまみながらひっぺがして、タレがしみ込みやすいようにフォークでブッスブッスとして、ジップロックにタレと一緒にいれてモミモミして、冷蔵庫で一晩寝かせました。

翌日、15時頃に冷蔵庫から出してきて、お肉をアルミホイルで包みます。オーブンで2時間焼くので、焦げが心配だったのでアルミ箔は3枚重ねで巻きました。2時間後オーブンから出して中を確認、焦げはなかったのですが、見た目の美味しさがいまひとつ。なので、プライパンで表面を焼いて焦げ目をつけて、残ったタレをフライパンで煮詰めて、お肉に塗ると見た目は一変、美味しそうになりました。

肝心の味の方は、お肉は骨からホロホロ簡単に外れるほど柔らかく、味も◎。蜂蜜が多かったので子どもに大好評の味でした。大人だけなら辛口のタレもいいかもしれません。

仕込みから完成まで時間がかかるのですが、手間は漬けて、寝かせて、オーブンに入れるだけで実作業時間はわずか、ジップロックとアルミホイルのおかげで洗い物も少なく、おすすめの一品です。

Powered by POPit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*