世界一の朝食、billsのパンケーキ

とある祝日に娘と野毛山動物園に行った帰りに、以前から気になっていた、世界一の朝食を作る男ビル・グレンシャー氏の、billsにお昼ご飯を食べに行きました。

桜木町から動物園はしんどかった坂道をテクテク下り、駅を通り越し赤レンガ倉庫へ。billsは赤レンガ倉庫1階の一番奥にあります。11:00過ぎあたりに到着しましたが、なが~い列が出来ていました。祝日だったこともあり、横浜のガイドブックを持った観光客らしき人々もちらほら見かけました。娘はDS、私はiPhone片手に待つこと1時間ちょっと、ようやく順番が回ってきて、屋根付きのテラス席に着席。

並んでいる間に、モーニングメニューからランチメニューに切り替わっていましがた、お目当てのパンケーキはどちらのメニューにもありました。オーダーしたのは、リコッタパンケーキw/フレッシュバナナ、ハニーコームバターと、写真に魅かれたベリーベリーパンケーキ w/ベリーバター。「20分程お待ち頂きますがよろしいですか?」と言われましたが、15分くらいでお目当てのパンケーキがやってきました。

リコッタパンケーキは、噂通りの今までに食べたことのないパンケーキの食感、ふわふわなパンケーキでした。ベリーベリーパンケーキの方は、生地の感じも少し違っていて、若干しっかりした感じのパンケーキでした。さんざん並んで待った割には、2人であっという間に平らげてしまいました。

また食べに行きたいなぁと思ってはみるものの、あの待ち時間と価格はちょっと…ということで、家庭で作ることにチャレンジしました。ググってみると意外にもレシピが公開されていました。リコッタチーズの入手が難しいな、高価そうだしと思っていたら、リコッターチーズの作り方をアップしてくれている方まで発見。

しかも簡単!挑戦した結果は、かなり近い感じで再現できました。メレンゲ作りは娘にハンドミキサーを任せて、結局3週連続日曜日のお昼ご飯となりました。その時に参考にしたレシピは、こちらにまとめましたので、参考にして下さい。世界一の朝食 bills のパンケーキを家庭で作ったときに参考にしたレシピまとめ – NAVER まとめ

毎週作るたびに、「もっと!」のリクエストに応えて分量を増やしていたら、時間が経つと生地がしぼんでいき、焼いても膨らみが小さいことがわかりました。おそらくお店で待たされる20分は、焼く分毎に生地を作っているからだと思いました。子どももお手伝いできる料理なので一緒に作られることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*