レバレッジ英語勉強法


080406_LevrageEnglish.jpg

AERA Englishで紹介されていた、「レバレッジ英語勉強法」を発売日に購入。本田直之氏の著作は、「レバレッジ勉強法」に続いて2冊目。

「3ヶ月でマスターするか、一生やらないか…」最初の3ヶ月がキー、そこである程度見についた実感がわかないと続かない、そのためにはゴールを明確にイメージして、そこで使う英語に限定して、その英語だけ勉強すること。幅広く行うことはない、偏った英語でレバレッジをかける。3ヶ月で実感できれば、そこから幅を広げて底上げしてゆけば良い。最初から底上げを狙うと途方もない勉強が必要になってしまう。

英語の勉強を始めて、挫折して、また始めてな人に、最適の書だと思います。そんな私もその一人でした。それが海外出張と英語でのミーティングという強制力が働き、そこで使う英語に集中してインプット(勉強)とアウトプット(使うこと)するようになってから、勉強が苦にならなくなりました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*