テンバガーを探せ =低位株投資術=


090817_Kabu.jpg

個人投資家ではなく、サラリーマン放課後投資倶楽部として、放課後(ザラ場以外)に、いかにして最小限の労力で投資を行うかが、サラリーマンの投資術であると思っているのです。

テンバガーを探せ! 10倍儲かる低位株投資術 の著者、鮎川氏は、まさにフェラーリが欲しかったサラリーマンが、本業をきっちり勤めながら、マンションとフェラーリをキャッシュで購入した実績の持ち主。

勝間和代のBook Loversで本田健氏が出演されていたときに、低位株の話を聞きいくつか試してみたのだけど、ちょっとイイ感じだったので、もう少し勉強してみようかと思い購入しました。

勉強といっても、本書の中では、「最小限の知識でのぞもう!」をうたっていて、放課後活動にはちょうど良い内容となっていました。著者の投資遍歴の読み物としても面白かったです。

テンバガーを探せ! 10倍儲かる低位株投資術



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*