年末年始のお休みに2冊

書店の平積みから2冊手にしました。「絶対伝わる図解」と「MAKERS」。

図解本なのですが、図解の仕方だけでなく、チャートの構成、タイミングと時間軸にふれいている点が新しい視点だなと思いてにしました。

MAKERSの著者、クリス・アンダーソンの本は「フリー」に続いて2冊目。フリーは電子書籍で読んだのですが、MAKERSはリアル本で。結構厚い本です。TVで一人家電メーカーを見てから、製造業のパラダイムシフトを感じるようになり、実際にデスクトップ製造業をされている方の事例を知ろうと手にしました。

本の詳細はこちら(Amazonのページが開きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*